不自然な赤牌切りは手牌読みの材料になる

150119-04

苦しいオーラス。何を切るべきだろうか。
トップからラスまでさほど点差が開いていないのでできれば和了に向かいたい。
{⑦か7}か安全に{西}か・・・

〈状況〉

  • オーラス2本場
  • 上家{③}→{中}→{⑥}と手出し→発ポンで{8}→{赤⑤}ツモ切り
  • ラス目とは5400差なので5200(2本場で5600)は放銃できない

上家はテンパイ濃厚な感じ。
素直に上家の手牌を読むなら中の手出しで手が固まって→⑥手出しでイーシャンテン→発ポン8手出しでテンパイ。
679あたりが雀頭で14・25・36あたりが本線(赤⑤ツモ切りで④⑦も消えた)
わざわざブログに書くようなことでもない普通の読み。

でもそうでもなく、この上家の待ちはほぼ1点で読み切れるのです。
14でもなく25、36でもない。
不自然な赤{⑤切りがキズになった④⑦}待ちです。

なぜ読み切れると言えるのか?

{③や親の安全牌の中より⑥が後で手出しの為、ピンズの真ん中のメンツを持っている可能性は高い。
ピンズの真ん中メンツが完成しているとしたら④⑤⑥、⑤⑥⑦のいずれか。⑥⑦⑧は赤5をツモ切らないし⑦⑧⑨は先の⑥切りがおかしい(トップ目だしチャンタも見ないだろう)。
にも関わらず赤⑤}をツモ切り。

{その理由はピンズが完成しておらず④⑦待ちをぼかしたいからではないだろうか。
オーラスでトップ目なのだから打点にこだわる必要は無いので赤⑤のツモ切りはいたって普通の行為。

しかし状況によっては今回のケースのようにキズになってしまうこともある。

<補足>
ほぼと言ったのはレアケースがあるから。
トイツ手で⑧や6当たりでシャボ待ちになっているケース
2着目からの差込み期待で打点をわざと落としたケース
⑥手出し時に⑧が暗刻になったケース

などで⑤がらみのターツがないケースは当てはまらないが、本線は④⑦と言えるのでは?}

なので{②}切って放銃を回避しときました( ・`ω・´) ドヤァ.

150119-03
結局ラスだったんですけどね…orz


上記は2013.5のアメブロに書いた過去記事。
当時記事にした後に「やっぱりトイツ含みのケースがあるから1点読みとまではいかないな〜」かと思っていたが…

150118

この画像のケースならほぼ読み切れそうです。

ソーズを{9→8→3→1→6と切り、数巡ツモ切りをはさんで突然赤5の手出し。

6→赤5とメンツ外しは不自然すぎるし、赤5単騎だったってのも少し考えづらい。}

こうなると無スジのピンズよりソーズがアヤシイと。

まぁピンズを叩き切って和了に向かう勇気はありませんけどねw

この局で放銃回避できたけど結局ラースでした(T T)