依頼された牌譜検討2つ目…気になった局面だけです。
牌譜URL

鳳南牌譜検討_02


東2 西家

打{5}
嵌張とシャンポン受けの比較ですが、イーシャンテンになったときに遊び牌がでないように打{5}のほうが良さそう。うれしい二次有効牌も多いし{二三②③④⑤}、すぐにテンパイした場合も端牌が絡んでいたほうがリーチしやすい。

It is a comparison of 「嵌張」 and 「双碰」.
打5s is better so that there is no waste.
There are also many secondary effective tiles.(23m 2345p)



東4 東家

スルー
急所でもないしチーしたところで早くなってはいない。七対子やトイトイもまだ見つつ…

It is not a vital point.
「3sChi」 does not become early.



南4 東家(1本場+供託1000点)

ラス目の南家とは7100点差
南家のラス抜け条件は1000・2000ツモ、5200出和了
南家がテンパイ濃厚となればトップ目は差し込みにいくだろうし、2着目北家も8000放銃しても着順落ちしない。点差以上に不利な状況

You are in a very unfavorable situation.
「西家」 can intentionally add points to the 「南家」.


{6}がチーされ打{7}と仕掛けが不自然。
{赤5}の受けを拒否した{5→7}外し。ラス抜けの条件が満たされていそう。

自分の手牌に{赤⑤}があるので、南家の手牌は{赤五}まわりと{⑨}2枚以上か、{⑨}3枚で構成されている可能性が高い。
{四赤五六裏裏 ⑨⑨}
{三赤五裏裏裏 ⑨⑨}
{四赤五裏裏裏 ⑨⑨}
{赤五六裏裏裏 ⑨⑨}
{赤五七裏裏裏 ⑨⑨}
{裏裏裏裏⑨⑨⑨}
もちろん他のパターンもある。役牌のシャンポン残り、ドラ2枚だけのパターンはあまりなさそうだが、{中}暗刻など…?

The order of releasing is strange(5s →7s)
赤5s rejected.There is a high possibility that the condition is satisfied.
南家 is made up of 赤五m and 9p to satisfy the condition.


打{九}
上記理由から{赤五}またぎの{七}は打たずに打{九}
苦しいけど多少は攻めないとどうしようもない。

If you can tenpai it offense.
The possibility of losing even if descending is high.


I feel that you actively attack.
That is not a bad thing, though.

What I says is not correct.Please read as one opinion.